傷んだ髪の施術例 広がるクセの施術例 西川将哉

ブリーチ、ハイライトの負担のかかった髪へのIRESU流縮毛矯正の施術例

こんにちわイレス円山西川です。

IRESUでは公式ホームページを用意してるのですが、そちらでもブログを書いているのですが最近ブログ見て来ていただける新規のお客様が増えてます。

ありがとうございます!!

 

今回も張り切ってブログを書いていきます

今回のお客様は

ブリーチ+ハイライトをしているお客様。

当店ホームページからラインでご相談して頂き来店して頂きました。

 

今回のたお客様の状態

今回のお客様、なんといっても

ブリーチ+ハイライト

でも膨らみも限界と感じているお客様

上手くやらないとハイライト部分の髪が耐え切れなくなり悲惨な状態になってしまいます。

最近はハイライトやブリーチなど使用するカラーが多いです。

ブリーチ毛と縮毛矯正の相性は正直よくないです。

酸性のお薬じゃないと絶対にやりたくないし怖い作業。

色々調べて当店にたどりついたお客様。

よく経緯はわからないのですが、他店の美容師さんから当店を紹介してもらえることもあり当店では色々な状態の縮毛矯正のお客様がいらっしゃいます。

当店では髪が綺麗にならないと判断した場合はお断りすることもあるくらい慎重に作業します。

酸性のお薬でも髪の状態によってはリスクはあります。

酸性だから傷まないとうたっている美容室もありますが、あくまで従来の縮毛矯正よりダメージがかなり少ないのであって髪の構造を変えるわけですからダメージ0ではありません。

今回のケースは危険だと判断し、髪の一部を頂きテストしたのちリスクや仕上がりの度合いを了承のうえ矯正をかけました。

 

before

ブリーチやハイライトで髪が傷んでいる状態の女性

クセは広がるタイプ、ややねじれあり、写真ではわかりにくいですがブリーチハイライトが全体に細く入っています。

広がりは抑えたいけど、上手くやらないとダメージで逆に広がる可能性のあるお客様です。

事前に薬剤チェックもしているので、ベストなお薬、ベストなトリートメントで伸ばしつついたわりつつ作業していきます。

もちろん自然な仕上がりを目指していきます。

 

after

縮毛矯正で髪が綺麗な状態になった女性

カットなしの仕上がりです。

薬剤のパワーはぎりぎりまで下げて、かつクセはでないように調整しました。

髪の劣化も感じられない仕上がりになりました。

気になるハイライト部分も問題なくいったと思います。

 

ダメージが混在しているケース、特に髪の根本と毛先のダメージの差よりハイライトのような髪によってダメージ度合いが違うケースは塗分けがなかなか難しいので僕的には使用するなら酸性のお薬、1択です。

かなりリスク回避もできます。

 

 

before→after

before

 

after

 

ビフォーアフターを見ても綺麗に伸びたかなと思います。

ハイトーンの矯正は怖い部分もありますが、綺麗に仕上がると透明感もあり素敵です。

お客様にも喜んで頂けて良かったです!!

 

縮毛矯正はもちろん髪が健康な状態でかけたほうがいいですが、髪はファッションの一部。

色々やりたくなることもあると思います。

クセは次期や長さにも左右されるので色々やったのち縮毛矯正をやっぱりかけたいなんてこともあります。

そんな時は一度ご相談頂けたらと思います。

できるだけ綺麗に縮毛矯正をかけたいなら是非IRESUにお越しください!!

 

お問合せ

縮毛矯正の悩みありましたら、気軽にご相談ください!!

 

ラインで相談する

IRESU札幌円山店

相談する

IRESU小樽店

相談する

バナーからお友達追加なしでもご相談できます!!

 

メールで相談する

 

電話で相談する

IRESU札幌円山店

TEL011-699-5252

IRESU小樽店

TEL 0134-24-3707

 

※縮毛矯正.comを見たと必ずお伝えください

 

ネットで簡単予約

札幌円山店ご予約はコチラ

 

小樽店ご予約はコチラ

 

SMS

 

Instagram

 

Twitter

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-傷んだ髪の施術例, 広がるクセの施術例, 西川将哉

Copyright© 札幌縮毛矯正.com , 2020 All Rights Reserved.