縮毛矯正Q&A

縮毛矯正の悩みやよくあるご相談をまとめました。

縮毛矯正に関してなにか悩みがある方はこちらをご覧ください!

Q縮毛矯正は髪が傷みますか?

傷むか傷まないどちらかでいえば傷みます。

しかしあくまでクセが収まり扱いやすくなる程度の負担なのでうまくかかればダメージを感じることもないと思います。

たまに酸性縮毛矯正だからダメージがないといった趣旨の広告をみますが、それは少し過大広告だと思います。

 

Q縮毛矯正をかける頻度はどのくらいがいいの?

クセの強さにもよりますが、早い方で4か月、おすすめは半年に1回です。

やはり頻繁にかけてしまっては負担になります。

縮毛矯正もリタッチ(髪が伸びてきたとこだけ)もできますが、やはりすこし重なってお薬や、アイロンははいってしまいます。

当店でもどうしてもという場合はできないことはありませんが、ヘアケアの観点からいうと4か月くらいがいいかと思います。

髪の短い部分、前髪などが気になる場合は間に部分縮毛矯正などがオススメです。

 

Q縮毛矯正がとれやすい髪質はありますか?

基本的にはキレイにかかればかけた部分は簡単にとれません

洗ったらとれた

1週間以内にクセがでた

こんな場合は縮毛矯正のかかりに問題がある場合がほとんどです。

 

などで大抵の美容室でかけなおしが可能です。

その場でかかってない場合は美容師でもわかっているはずですが、たまに美容室で伸びたと思っても数日でクセがでることもあります。

お客様が満足いってない状態でいるより、そのことに対して言って頂けた方がありがたいです。

気兼ねなくご相談ください。

 

Q縮毛矯正をかける頻度はどのくらいがいいの?

 

クセの強さにもよりますが、早い方で4か月、おすすめは半年に1回です。

 

やはり頻繁にかけてしまっては負担になります。

 

縮毛矯正もリタッチ(髪が伸びてきたとこだけ)もできますが、やはりすこし重なってお薬や、アイロンははいってしまいます。

 

当店でもどうしてもという場合はできないことはありませんが、ヘアケアの観点からいうと4か月くらいがいいかと思います。

 

髪の短い部分、前髪などが気になる場合は間に部分縮毛矯正などがオススメです。

 

Q縮毛矯正とストレートパーマの違いはなに?

実ははっきりとした定義はありません。

縮毛矯正ができる前にストレートパーマがあり、ストレートパーマが進化して縮毛矯正になった感じです。

なので、最近では、より癖を伸ばすのを縮毛矯正、癖をおちつかせる、もしくはパーマを落とす際をストレートと区分している美容室が多いと思います。

 

Q縮毛矯正の持ちはどのくらい?

基本かけた部分は簡単にとれません。

1年たってもかけた部分はまっすぐなことがほとんどです。

しかし髪が伸びて根本のくせがでてくると、毛先のまとまりも悪くなるためとれてきたと感じる方もいるかと思います。

なので癖の強さにもよりますが、だいたい5㎝くらい髪が伸びたら(4~5か月)くらいから気になるお客様が多いかと思います。

 

Qカラーが先か縮毛矯正が先か?

一概には言えませんが、

全体の色を変えたい場合→縮毛矯正が先

リタッチ→カラーが先

リタッチ(白髪染め)→縮毛矯正が先

今の状態よりかなり明るくしたい場合→カラーが先(色味はぬけてしてしまうかもしれませんが、縮毛矯正の後は髪が明るくならないケースもあります。)

基本は1週間あけての施術がオススメです。

髪のコンディションによって変わるので、通いつけの美容室に相談するといいかと思います。

当店をご利用したい方は気軽にお問合せください!

 

 

Qクセというほどじゃないけど髪を触るとぼこぼこして艶がないのを直したい

触るとボコボコしているのは髪がねじれていたりする場合があります。

それもくせ毛の一種ですが、加齢によってなりやすい後天性のクセの場合もあります。

縮毛矯正でツルツルで艶のある髪に状態がよければなります。

ちなみにこのようなクセは酸性縮毛矯正との相性抜群です。

 

 

Q縮毛矯正をかけたらツヤツヤになるから毎回毛先までかけたいのですが?

絶対やめたほうがいいです

1年に一度程度であれば髪の長さやかかりかたによっては全体という選択肢もありますが、縮毛矯正をかければ基本多少なりとも髪に負担はかかります。

そのうち、ばさばさになるおそれもあり、希望の髪とかけ離れていく場合もございます。

 

Q自宅でのケアはどうすればいいですか?

しっかり乾かす!

ヘアオイルをつけて乾かす!

この2点は特に重要です。

髪を乾かすのにドライヤーを充てると傷むイメージが強いのですが、髪を完全に乾かさないままのほうが危険です。

またドライは浮き上がったキューティクルを抑える効果もあるので優しく上からなぜるように最後乾かすとより効果的です。

オイルは摩擦をへらし熱からの保護にも効果的ですので必ず使用して頂けたらと思います。

 

もちろんサロン専売品のシャンプーやトリートメントで、お客様の髪の状態にあったものはより効果的なので併用するのもオススメです!!

 

Q髪がチリチリになって困ってます。縮毛矯正でなおりますか?

見た目は良くなる場合もありますが、難しい場合もございます。

縮毛矯正はクセを伸ばす技術なのでダメージでのまとまりの悪さは難しい場合もございます。

特に他店での失敗による髪のダメージ(ビビり毛)にかんしては悪化する可能性もあるので、オススメはしておりません。

 

しかしチリチリやばさばさの状態で毎日過ごすのは憂鬱かと思います。

当店ではそういったお客様にはリスクを説明したうえで、お客様の目立たない部分の髪を一部頂いて薬剤テストしたのち、最善の方法でサポートしていきます。

※別途料金でベテランスタイリストの対応させて頂きますのでお悩みのかたは一度ご連絡頂ければと思います。

 

 

Qショートなんですが、自然な感じになりますか?

違和感なくかけれると思います。

実際に来店されたお客様の縮毛矯正の仕上がりです。

 

ただし巻いたようにとかワンカールなどは縮毛矯正では難しいです。

そういった方には毛先にデジタルパーマがオススメです。

 

Copyright© 札幌縮毛矯正.com , 2020 All Rights Reserved.